お知らせ・最新情報

社会福祉法人土佐香美福祉会のお知らせ・最新情報の一覧です

「普通救命講習」を開催しました

10月23日(水)に香美市消防本部の署員の皆様にご協力いただき、法人本部のあるデイサービスセンターやまだホール(香美市)において、35名の職員の参加のもと「普通救命講習」を実施しました。

 

 

 

講習の内容としては心肺蘇生の手順、AEDの使用手順、さらには消防署への通報手順や方法などについて学ぶことができました。

 

 

 

 

各施設の入居者の平均年齢が90歳に近くなってきている状況にあって、救命処置にかかる知識や技術の習得については「いざという時」に対応できるように、継続して実施していきたいと思います。

「ヘルスメイト」による調理講習会を開催しました

10月23日(水)に、特養ウエルプラザ高知で、ヘルスメイト3名による「高齢者の低栄養予防」をテーマにした調理講習会を行い、地域の方が13名参加されました。

 

 

食生活改善推進員(愛称「ヘルスメイト」)は、「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに日頃から食生活の推進と食育に努めているボランティアです。特に高齢化率が高い高知県では、日ごろの健康管理を行い、健康長寿の手助けに努めています。

 

料理が好きで腕が立つ方々の集まりで、和気藹々と調理が進み、当日は予定よりも1時間も早めに作り終えました。冷蔵庫にある食材で簡単に美味しく作れる料理でした。

 

 

外部講師による階層別研修の2回目を実施しました

10月24日(木)、ウエルプラザ高知ウエルプラザホールにおいて9月に開講しました「階層別研修」の2回目を実施しました。

 

 

 

初回に引き続き、実際それぞれの現場で参加者が関わった具体的な事例を題材として、『その時の対応は適切であったのか』、また『他に取るべき対応は無かったのか』などをグループワークで同僚と意見を交わしていました。

 

 

他者の意見を聞いて、『自分では気づく事ができなかった点についてアドバイスを受け、大変参考になった』、さらには『それぞれ働く場所やポジションは違っても、みなさん同じ悩みを抱えており、安心した』などの感想が挙がっていました。

 

次回は最終回となり11月に開催予定です。

石鎚山登山 ~紅葉編~

10月22日(火)清々しき秋晴れの日、春に続き紅葉が見ごろを迎えた石鎚山登山に【しなねオールスターズ】の有志により出かけました。

 

 

 

 

 

 

 

参加者の日頃の行いも良かったのか、頂上にて普段はあまりお目にかかることが出来ない『ブロッケン現象』を拝むことができました。麓には“りんどう”が咲き、静かに紅葉が色づく山を眺めながら、自然のパワーを一杯吸収した好日となりました。

 

「ブロッケン現象とは」

太陽などの光が背後から差し込み、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象のこと。

 

 

 

 

 

 

 

外部講師による階層別研修を実施しました

9月30日(月)に法人内の階層別研修会の一環として、毎年開催している「リーダー研修」を特養ウエルプラザ高知のウエルプラザホールで実施しました。

 

 

今年度も、アビリティセンター株式会社の藤原 勉先生を講師としてお招きし、各施設から45名の主任・リーダーを対象として研修を実施しました。

 

  

 

 

今回は日常的に現場で発生している事例を多く用いて、組織としての課題解決をいかにして図るのか、さらにはいかにスタッフをより良い方向性に導くことができるのかについて、参加者に主体的に考えていただく研修内容となっています。

 

 

 

初回を含めて3回にわたる集合研修となりますが、日ごろあまり顔をあわす事が無い他施設の職員との仲間つくりも期待しています。

岡崎 誠也高知市長が満百歳のお祝いにお越し下さいました

岡﨑 誠也高知市長が9月25日(水)に特別養護老人ホームウエルプラザ高知に表敬訪問して下さり、令和元年(平成31年4月1日~令和2年3月31日)に百歳を迎える方に対し、ご長寿の祝福をしていただきました。

 

 

なんと今年度は一宮ユニットで3名の方が百歳を迎えることとなり、下記の3名のご入居者に対して、安倍 晋三内閣総理大臣と岡﨑 誠也高知市長より祝状と記念品が、また秦地区、一宮地区民生委員からそれぞれ記念品が贈呈されました。

 

一宮一丁目ユニット 千谷 光代 様

          鍋島 春喜 様

一宮二丁目ユニット 田中 佐惠野 様

 

おめでとうございます。

 

また一宮ユニット最高齢の坂本鈴美様(101歳)、ウエルデイしなね小野川文子様(103歳)も高知市長に紹介させていただきました。

ウエルプラザ高知で敬老祭を行いました

9月16日(月)の敬老の日当日、特別養護老人ホームウエルプラザ高知において敬老祭を行いました。高齢者福祉施設にとりましては、毎年恒例のビックイベントです。

 

ご家族との祝い御膳の昼食をメインとしてともに寿ぎ、フロア毎に最高齢者、米寿などの節目のご入居者それぞれに記念品を贈呈いたしました。

会食の後は、毎年好評を博している施設の運転手さんによる“かつおの藁焼きたたき”の実演、人気のソフトクリームを味わいながら、運動不足やストレスを補うゲームを楽しまれていました。

 

 

 

 

 

 

また、今年も土佐女子中学高等学校邦楽部の生徒さんによる「琴の演奏」に魅了されました。敬老のお祝いにふさわしい演目でウエルプラザホールの会場全体をやさしく包むような演奏でした。ご入居者・ご利用者から「素晴らしい」「琴の音色が綺麗やった」と感心しきりでした。土佐女子中学高等学校邦楽部の皆様、これからの人生も琴の音色のように、やさしく、ちからづよく、奏でてください。ありがとうございました。

 

 

そして、当日支援してくださったボランティアの皆様、ありがとうございました。

 

皆々様、来年もどうかよろしくお願いいたします。元気でお会いしましょう。

ウエルプラザ洋寿荘で花火大会をしました

 

8月23日(金)に夏行事の一つとして恒例となりました、「ウエルプラザ洋寿荘・花火大会」が開催されました。

 

天気予報が雨模様でしたので、直前まで開催できるのか心配しましたが、『屋外で実施したい』との職員の願いも通じて、何とか最後の打ち上げ花火まで、雨は降ることを我慢してくれました。

 

オープニング行事のあと、洋寿荘職員で結成する人気バンド「メランジュ」の演奏、あき童子の子供たちの元気一杯のよさこい踊り、さらにメインである打上花火とプログラムが続きましたが、ご利用者ご家族、地域の皆さんに楽しんでいただけたのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ボランティアの方々をはじめ、参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。