お知らせ・最新情報

社会福祉法人土佐香美福祉会のお知らせ・最新情報の一覧です

「令和2年度社会福祉法人 土佐香美福祉会入社式」を執り行いました。

新年度がスタートした4月1日(水)、「令和2年度社会福祉法人 土佐香美福祉会入社式」を執り行いました。

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為に、全員がマスクを着用したまま参加する形の式典となりましたが、今年度は2名の貴重な人財を、新たに法人の仲間としてお迎えする事ができました。

 

 

当日はウエルプラザホールにおいて、楠目 隆理事長から新規採用職員お一人お一人に採用辞令が交付されました。

 

 

 

例年であれば、この後引き続き新規採用職員研修を開催していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の為に集合研修は行わず、それぞれの配属先において個別の新規採用職員研修を実施しました。

 

今年度につきましても、年間を通した研修を計画的に開催していく予定ですが、新規採用職員が配属先の職場の環境と業務に一日でも早く慣れていただけるよう、役職員一同、精一杯サポートしていきたいと思います。

「第12回ウエルプラザ洋寿荘感謝祭」は中止となりました

令和2年5月17日(日)に開催を予定していました、「第12回ウエルプラザ洋寿荘感謝祭」は新型コロナウイルスによる感染拡大防止のため、やむを得ず中止とさせていただきます。

 

大変申し訳ございませんが、何卒ご理解下さいます様宜しくお願い致します。

特養ウエルプラザ洋寿荘に「おなばれ」が来荘されました

2月17日(月)、芸西村で長谷寺地蔵尊の春の大祭が開催され、「おなばれ」が行われました。

 

芸西村の長谷地蔵尊では、毎年春と秋の年に二回「大祭」が開催されていますが、お寺としては珍しく神輿も出て、たくさんの人出で賑わっています。

 

 

当日は特養ウエルプラザ洋寿荘にも「おなばれ」が来荘し、たくさんの利用者さんが地元の季節の行事を楽しまれていました。

 

 

 

 

 

「ふくし就職フェア」のお礼

2月8日(土)に開催されました『令和元年度第2回ふくし就職フェア』では、多くの皆様が当法人のブースにお立ち寄りいただきました。

 

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

 

 

「第43回安田町駅伝競走大会」に参加しました

特養ウエルプラザ高知の職員が、安田町役場の職員さん、さらには高知市内の居宅介護支援事業所のケアマネジャーさんからお誘いを受け、今年で3年連続3回目の参加となりました。

 

この大会は、“アユおどる清流”安田川沿いに設定された7区間のコースで健脚を競う大会ですが、今年ものんびりした街並みや豊かな自然を感じながら、走ってきました。

 

 

 

 

 

 

今回は走りのスペシャリスト(?)7名を揃え、17チーム中13位という立派な成績でしたが、来年の大会に向けて、早速翌日から練習を開始している選手もいました(笑)

 

また安田町の住民の皆様からもご声援をいただき、大変うれしかったです。

 

参加した職員の皆さま、お疲れ様でした。

 

 

そして安田町の皆様、ありがとうございました。来年も参加させていただきたいと思います。

「高知家ノーリフティングフォーラム」で実践報告を行いました

2月1日(土)から2月2日(日)の2日間にかけて、高知県立ふくし交流プラザで開催されました「第2回 高知家ノーリフティングフォーラム・介護ロボット高知フォーラム(併催)」において、職員2名が実践報告を行いました。

 

 

 

2日目のノーリフティングシンポジウムでは、午前中に特養ウエルプラザ洋寿荘の久保業務課長(OT)が『介護施設からの発信』を、午後には特養ウエルプラザ高知の松村業務主任(PT)が『セラピストの役割』と題して発表しました。またそれぞれシンポジストとして多職種を交えてのディスカッションにも加わりましたが、普段交わりのない分野の方々のお話も聞くことができ、貴重な時間となりました。

 

  

 

 

今回のフォーラムでは、各施設からも職員が多く参加し、充実した研修となりました。そして施設だけではなく医療現場、さらには養成校もノーリフティングケアに取り組み始めているとの報告を聞き、高知県は確実に前進していることを実感しました。

 

“ノーリフティングケアの先進県”といわれている高知県ですが、ケアを受ける方だけでなく医療・福祉の現場で働く職員も安心して長く働ける職場環境の構築を目指して、当法人の取り組みも、より一層進展させていきたいと思います。